本文へスキップ

古い布団を打ち直してリサイクル、リユース

電話でのご注文・お問い合わせはTEL.050-7110-2581

〒528-0038 滋賀県甲賀市水口町1-3-8

打ち直しの行程お預かりから仕上がりまで

側外し〜綿粉砕〜打ち直し

古くへたった布団の綿 お預かりしたお布団の側生地を解きます。綿の状態や量を見させていただき、お客様に報告いたします。通常解いた側生地は処分させていただきますが、返却ご希望でしたらお返しいたします。
【動画でご紹介】※音が出ます。ご注意ください。
布団綿を一度粉砕します。その際、綿の状態が良くない場合、量が足りない場合は綿わたやポリエステルわたを足して混ぜます※。同時に、古く劣化した繊維やダニなど不純物は落ちます(洗浄)。
【動画でご紹介】※音が出ます。ご注意ください。
繊維を再び整え、布団綿として1枚400g程度、横100cm、縦250cmほどのシート状に加工します。その行程でさらに使えない劣化した繊維や汚れは落とされ、空気をたっぷり取り込んだふっくらきれいな綿が再生されます。
打ち直しした綿  打ち直しが完了して仕上がった綿は一度小さく畳んで、袋詰めします。お仕立て直しのための作業場に送られ、職人の手によってふっくらなお布団に再生するよう一枚一枚丁寧に使用いたします。

※足し綿はお預かりの綿の量、状態により適切な種類の新綿(綿、ポリエステル)を足させていただきます。足し綿不要や、綿100%ご希望などありましたらそのように対応いたします。綿の状態が悪い場合や、綿質を変える時など、インド綿やメキシコ綿など高級綿も使用いたします。足し綿については当店お任せになります。

★当店では打ち直しの際に薬品は一切使用しません。また水洗いや化学処理は行いません。ご安心ください。



側生地縫製〜綿入れ〜お仕立て直し

選んでいただいた布団生地の縫製  お客様に選んでいただいた側生地をご希望サイズに縫製します。長年携わっている職人により、丁寧に縫製させていただきます。特注サイズやお使いのお部屋、ベッドに合わせたサイズなど、手作りですので、どのようなサイズもお作りできます。別途ご相談ください。
職人手作業による綿入れ作業 仕上がった側生地に、打ち直し上がったきれいな綿を入れる「綿入れ」作業。手作り綿布団の重要な工程。シート状の綿を一枚一枚交互に積み上げていき、切ったり剥いだり、ちぎったりしてお布団の形に作り上げていきます。まさに手作り仕立てしかできない作業。
布団に形作ります ”厚め”や”薄め、軽め”などお客様それぞれご希望に合わせたお布団になるよう最終的に形作ります。決して難しい作業ではありませんが、長年の職人による勘が頼り。綿の質もそれぞれですので、その時々で状況は変わり、奥が深い作業。かまぼこ型に整えられるのは今でも機械ではできない手仕事ならではです。 
綿入れの最終工程 生地を返し、お仕立て直しの仕上げ作業。専用のミシンで側生地の絎け作業、綴じ作業を経て、リフォームの仕上がりです。
お使いの側生地を再利用ご希望でしたらできるだけ対応させていただきます。
(傷みなど状態により再利用できない場合があります)あらかじめ別途ご相談ください。

FutonLife 第二綿業ビルダークリニック

〒528-0038
滋賀県甲賀市水口町新町1丁目3番8号
TEL 050-7110-2581
FAX 0748-62-0413
メール

営業時間:9〜18時
休業日:日曜、祝日
ホームページ

直接お電話やメールでもご注文、ご質問賜ります。休日や営業時間外でもお気軽にお問い合わせください。